Opus Blog オプスブログ

2017.09.13

大工家-daikuya-現場だより 基礎配筋検査

津市で新築・リフォーム・リノーベーションをお考えなら大工家へ

 制震・耐震の地震対策も考え制震・ダンパー・制震テープ仕様の施工も行っております

三重県津市SW工法施工店

ZEH住宅(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)ビルダーの登録業者認定を受けております。


昨日の豪雨&雷の朝とは正反対の快晴の朝を迎えた津市です!今日の現場では基礎の配筋検査を受けました。

IMG_44ll61.JPG


配筋検査とは、鉄筋コンクリート造建物の工事において、鉄筋が正しく配置されているかどうかを確認する検査のことです。
配筋とは、鉄筋コンクリート造の建物における鉄筋の配置のことで、柱・梁・壁・スラブ・基礎など、それぞれの鉄筋の配置と、寸法・数量・種別などを示した図面を「配筋図」といいます。また、コンクリートを打ち込む前に、この配筋図に基づいて正しく鉄筋が配置されているかを設計監理者がチェックすることを「配筋検査」といいます。どちらも、建物の耐久性や強度に直接影響するため、重要な検査といえます。

IMG_446ll0.JPG

その検査にも無事に合格! いよいよ基礎にコンクリートが打ち込まれます!

  • Owner Login 施主様専用 建築中の様子をご覧頂けます。 ログイン
  • Works 施工例 一覧はこちら
  • Ffc 免疫家具 抗アレルギー家具 詳細はこちら
  • Opus Blog オプスブログ
  • BDAC daikuya × 著名建築家
  • daikuya
  • TRETTIO

Page Top